【ギター初心者】簡単なコードストローク!動画でわかる30日で1曲マスター【5日目】

ギター

※この記事だけでも学習可能です

弾き語りをしたい
だけど、何からやればいいのかわからない

これからギターを始める方
一度あきらめてしまったけど、またチャレンジしたい方

そんな人のために、時間がなくても大丈夫
「30日間、1日15分の練習で1曲弾き語りをできるようになろう」

15分と聞くと、短く感じるかもしれません

『そんなんで上達するの?』
とか思いますよね

短い練習時間でも集中して行い、継続してギターを弾くことで
確実に上達することが可能です
コードも楽に押さえられるようになります


30日後にギターで曲を弾いている自分を想像するとワクワクしませんか?

絶対に楽しいこと間違いなしなので、頑張っていきましょう!

動画も一緒に見ていただければ、より分かりやすいと思います

チューニングは弾く前にしっかり合わせてくださいね!

チューニングの仕方

動画はこちら

コードストロークってなに?

今回は「コードストローク」をやります

ストロークとは、右手で弦をジャカジャカ弾くことですね
このストロークによって、演奏する曲のリズムが決まるので重要な演奏技術です


ある程度ギターをやっていると、感覚で弾くことが多いですが
最初にストロークの基礎、パターンを覚えましょう

リズム譜の見かた

始めに、楽譜の読み方から解説していきます

まずは、言葉よりも画像を見てもらったほうがわかりやすいので
こちらを見てください

音符みたいな記号が実際にギターを弾くリズムです
画像は4分音符ですね(1拍分の長さ)

ダウンストロークは、弦を上から下に弾く
アップストロークは、弦を下から上に弾く

ストロークのパターン

いろいろな弾き方がありますが、今回はシンプルなパターンを弾きます
では、さっそく簡単なストロークパターンを弾いてみましょう

こちらは「ジャン、ジャカ、ジャン、ジャン」という感じのリズムで弾きます

「ジャカ、ジャン、ジャカ、ジャカ」という感じですね

「リズムがよくわからない」という人は動画を見るとわかります
実際は歌を歌ったりしながらストロークしますので、無意識に弾けるようになるのが目標
です

ストロークのコツ

右手の力はできるだけ抜きます、特に手首ですね
この手首がガチガチの人が結構多いんです

腕を振って弦を弾きますが、手首のスナップも使いましょう
力を抜くと、始めのうちはピックを落としちゃう事もありますが
ストロークに慣れてくると落とす確率も減るので気にしないようにしましょう

ピックを弦に当てる角度

ダウンストロークの場合は、ピックの先端を上向きに
アップストロークは、ピックの先端を下向きに

こんなイメージで弾くといいですね

動画で詳しく解説しています(ストロークのコツから見れます)

まとめ

ストロークは、本当にたくさんのパターンがあります

自分の好きな曲を演奏して、徐々にストロークの引き出しを増やすのが
ギターを弾いていて一番楽しいです

ストロークの練習だけじゃつまらないですよね?

私自身、ストロークだけの練習はあまりしていません
好きな曲を弾いて、自然とストロークが身についた感じですね

みなさんも、好きな曲をどんどん演奏してストローク、そしてコード
楽しみながら覚えていってください

今日も15分頑張って練習しましょう

最後に

この講座は「もっと手軽にギターを楽しむ」ことを目的としています
私自身ギターをやっていて本当に楽しいです

もっと多くの人に体験してもらいたいと思いこの講座を始めました
ギターを弾いていてわからないこと、疑問に思ったことがあれば言ってください

コメントしてもらえればお答えしますよ
講座の内容でわかりづらかった所もあれば言ってくださいね

改善して、より良い役立つ記事をみなさんにお届けします
では、また次の記事で会いましょう!

もっと詳しく!さらに上達!

コメント