ギター初心者|これから始める方へギターの基礎知識

ギター

こんにちは、ギター歴20年のぶんぶんです
今回はギターの基本的な知識ということで

ギターやってみたいけど何すればいいの?
音楽初めてだけど大丈夫?』

という方、多いんじゃないでしょうか

ギターとはどんな楽器か
どうやって弾くのか
コードとは何か

始める前に覚えておきたいことを紹介します

ギターはいろんなジャンルの音楽で使用されていて
数ある楽器の中でも始めやすく、男女、年代を問わず親しまれています

そのギターの魅力をわかりやすく解説します
それではいってみましょう

ギターの種類

一口にギターと言っても、いろいろな種類のギターがあります
まずは大きく分けて2種類

  • エレキギター
  • アコースティックギター

エレキギター

ギターの弦から出る音をピックアップというマイクで拾い、電気信号に変換します
その信号をアンプで増幅しスピーカーから音がでる仕組みです

音色を変えることができるので、いろいろなジャンルの音楽に使用されています

どんな人におすすめか

  • ロックな人
  • ギターソロも弾きたい人
  • バンドやりたい人

ギター本体の形も、いろいろあります
まずはソリッドボディ(ボディの中身が空洞じゃないもの)を紹介しますね

ストラトキャスター

レスポール

ギブソンサイトから引用

変形ギター

画像のギターはそこまで変形では無いですが、もっと特殊な形をしたものもあります

続いてホロウタイプ(ボディの中が空洞)のギターを紹介します

セミアコースティックギター(セミアコ)

ボディの真ん中にセンターブロックという木が入っていますが
それ以外は中身が空洞に作られています

フルアコースティックギターというのもあって
それは、ボディがすべて空洞に作られています
これらのギターを箱ものと呼びます

アコースティックギター

まずは画像を見てください

ボディの空洞で音を響かせてギターの音を増幅させます
ギターによっては、ピックアップ、マイクが付いているものがあるので
その場合はアンプから音を出すこともできます

一般的にスチールの弦を使用したものを、アコースティックギター(アコギ)と呼びます
ナイロン弦を使用したものをクラシックギター(ガットギター)と呼びます

違いは弦だけでなく、クラシックギターのほうがネックの幅が広く作られていて
伴奏をするというよりも、ソロで演奏しやすい作りになっています



弾き語りをしたいのであればアコギで決まりですね

ギターの弾き方

ギターを始めて『ちゃんと弾けるのかな』という不安ってあると思うんです
楽器の演奏って難しそうなイメージもあるので無理もないですよね

でも大丈夫です
ギターは、ほかの楽器と比べても簡単に始められますよ
理由はいくつかあって

  • 音符が読めなくても大丈夫
  • コードを弾いて伴奏する程度なら、短時間で弾けるようになる
  • 初心者向けの教材、サイトがいっぱいある

楽譜は読めなくてもいい

音符を読むのって難しいですよね
そもそも読み方がわからない人も多いと思います

安心して下さい
ギターを弾くのに音符は読めなくても大丈夫です

もちろん読めたほうが良いに決まってますが
ギターではTAB譜というものを使うので音符は不要です

ギターはTAB譜を使う

これがTAB譜ですね
このように、押さえる指が書いてある譜面もあります

下の段の6本の線がギターの弦を表していて
上から1弦(細いほう)2弦、3弦と続いて、一番下が6弦です(太いほう)

線の上に書いてある数字が押さえるフレットを表しています
上から1フレット、2フレットと増えていきます

このTAB譜の場合は

5弦3フレットを人差し指で押さえ
4弦5フレットを小指で押さえます

どうですか?
音符を読むより簡単ですよね

ギター以外に必要なもの

エレキギターもアコースティックギター(アコギ)もギター以外に必要なもの同じです
ただアンプだけはエレキギターのみ必要になってきます

  • チューナー
  • メトロノーム
  • ピック
  • ギタースタンド
  • ストラップ
  • アンプ(エレキギターのみ)
  • シールド(エレキギターのみ)

チューナー

ギターのチューニングをするのに使います(正しい音程に調整すること)
スマホのアプリで代用できます
最初のうちは十分でしょう

ただし、お金に余裕があるなら、チューナーは早めに揃えましょう
チューニングの精度が変わってきます

メトロノーム

一定のリズムを刻んでくれます
練習には欠かせないですね

こちらもスマホのアプリで代用できます
特に理由がない限りアプリで大丈夫です


私もメトロノームはアプリを使っています

ピック

右手の指で持って弦を弾きます
ギターソロを弾くとき、コードをジャカジャカ弾くときも基本的に使います

ギタースタンド

名前の通りギターのスタンドです
壁に立てかけたりすると高確率で倒れるのであったほうがいいですね

『終わったらギターケースにしまうよ』って思っている方も
ケースにしまうと次に練習するときに、出すのが面倒で練習しなくなる可能性があるので
あったほうがいいです

ギターはすぐ手に取れる場所に置きましょう

ストラップ

フェンダーサイトから引用

立ってギターを弾くときに使います
ストラップの長さによって弾きやすさが変わるので
慣れておくといいですね

アンプ(エレキギターのみ)

エレキギターはアンプとセットでひとつの楽器です
それくらいアンプは重要ですね

エレキの場合アンプを使わないとちゃんとした音が出ません
音の強弱のつけ方だったり、ミュート(不要な音を消すテクニック)が身につかないんですね

変なクセもついてしまうのでアンプは大事です

シールド

ギターとアンプを繋ぐケーブルです
なんでも良いですが
あまりに安いものは避けましょう(3メートルで600円とかは危ないです)
結局すぐ壊れて買いなおすことになります

家で使う場合3メートルくらいが使い勝手がいいですね
2000円~3000円くらいが最初はいいかなと思いますね


ギターを弾いてみよう

実際の弾き方を見てみましょう
そんな難しく考えなくても大丈夫なんで気楽にいきましょう

チューニングをする

正しい音程が出るように調整することです
ギターに限らず、弦楽器は必ずチューニングをしてから弾きます

チューニングをちゃんとやらないと
音感が身に付きませんし、正しく弾けてるかわからなくなるので
面倒くさがらずにしっかりやりましょう

簡単なコードを弾く

チューニングが終わったら、いよいよギターを弾きます
初めは何をすればいいのかわからないと思いますので

コードをジャーンと弾いてみましょう

コードを押さえるのにもコツがあります
もし上手くできなかったらこの記事を参考にしてください

初心者におすすめの曲

自分の好きな曲を練習するのが一番ですが
私のおすすめの曲を紹介します

どれも簡単コードしか使ってないし
ちょっと頑張ればすぐに弾けると思いますよ

  1. 紅蓮華/LiSA
  2. マリーゴールド/あいみょん
  3. チェリー/スピッツ

この曲に使われているコードも書いてあるので
こちらの記事も参考にしてください

最初の壁

誰もがつまづくであろう「Fというコード
初心者が最初に心を折られるコードですね

でもですね、案外コツを覚えると簡単なのであきらめないで頑張ってほしいですね

詳しいコツを紹介しているので、こちらの記事を参考にしてください

まとめ

いかがでしたでしょうか

ずっとギターのことばかり話しましたが、ほかにもですね

音楽を始めると新しい出会いがあり、人とのつながりも増えます
きっと人生が豊かになると思うんですね

練習したりするのは大変ですが
それ以上に、上手に演奏できた時の喜び
誰かとギターを弾いて歌っているだけでも楽しいです

せっかくギターに興味を持ったんですから
ギターを手に取り、ほかでは味わえない体験をしてみてはいかがでしょうか



これからも、みなさんのギターが上達するための情報を発信していきます。
少しでも力になれたら幸いです。

最新の記事をお知らせしますのでTwitterフォローお願いします。

それでは、また次の記事で会いましょう。
良いギターライフを送って下さいね~


30日でマスターするギター講座 教本&DVD

コメント