ギター初心者|コードチェンジのコツ

ギター

『ギターコードは押さえられるようになったけどコードチェンジができないよ』
という方のために、今回はコードチェンジのコツを紹介します

スムーズにコードチェンジするのって結構難しいですよね

結局のところ、練習しまくって手に覚えさせるしかないんですが、いくつかポイントがあります

今日は、そのコツを覚えて効率よく練習しちゃいましょう

コードチェンジのポイント

みなさんコードは、もう押さえられますか?
もし『まだ上手くできないよ」という人がいても大丈夫です

コードを覚えながら、コードチェンジも一緒に練習したほうが効率がいいので
早めにコードチェンジの練習もしちゃいましょう

まずはポイントがあります

  • コードを押さえたら、次に押さえるコードをイメージする
  • コードチェンジで動かす指は最小限にする
  • コードフォームを崩さない

次のコードをイメージする

例えば
C-Am-F-G

というコード進行があります

始めにCを弾きますね、その時点でAmのコードフォームをイメージし
指版を見て、どこを押さえるのか確認します

Cを弾きながら、頭ではAmを考えている感じですね

次のAmからFへのコードチェンジも同じです

CからAmにコードチェンジをしたら、Amを押さえながらFをイメージします
基本的にはこの繰り返しですね

次に押さえるコードを考えながら弾くようにしましょう

動かす指は最小限にする

CーAm

このコード進行でコードチェンジをする場合ですね
まずコードフォームを確認しましょう

どの指で押さえるか、ということに注目してください

Cのコードフォームです

次にAmのコードフォームです

わかりますか?

CからAmにコードチェンジする場合
動かす指は「薬指」だけなんですね

それ以外の指は、押さえたままにしたほうが無駄な動きが無くなりますよね

すべてのコードで出来るわけじゃありませんが
基本的に弦から離す必要のない指は押さえたままにする
ということを覚えておきましょう

コードフォームを崩さない

コードは
Am-E
を使います

Amのコードフォームを見てみましょう

次にEですね

気づきましたか?

コードを押さえている弦こそ違いますが、使っている指は同じです

Amのコードフォームのまま、押さえる弦を上に(写真では下)ずらせばEですね

コードを押さえている手の形を崩さずにコードチェンジできますので
バタバタ指を動かさずに済みます

次は
B♭mーF#
のコードチェンジを見てみます

B♭m(画像の表記はA#mですが、押さえる場所は同じです)

人差し指は、6弦のミュート(不要な音を消す)もかねて6弦に触れておきます
そうすることにより、次のコードにも少しずらすだけで押さえられます

難しければ6弦も押さえちゃって大丈夫です

F

これも手の形、コードフォームは同じです
押さえている弦を変えているだけですね

このようにフォームが似ている場合は、手の形を崩さずに押さえることにより
動きを最小限にできますし、素早いコードチェンジが可能です

最初のうちは、手の形を維持するのが難しいかもしれませんが
慣れてくれば自然とできますので、意識して練習してみてください

練習方法

初めのうちは、ひとつのコードにつき1回のストローク(右手で弦を弾くこと)で大丈夫です
押えている指のほうに集中しましょう

例えばこのコード進行だったら
C-AmーF-G
まず、Cを1回ジャーンと弾きます

そしたら曲の進行上では、まだCだったとしてもAmにコードチェンジをする準備をします

1小節に1回コードチェンジをするとして、2拍弾いたら次のコードを押さえ始めます
そして、Amを弾く小節の頭にジャーンと弾きます

テンポを下げて練習するのも良いですよ

あとは、コードチェンジの間隔を短くしていきスムーズにできるように練習します

好きな曲で練習する

ここまでコードチェンジのコツを紹介してきましたが
これを意識しながら、みなさんの好きな曲で練習してください

自分の好きな曲で練習したほうが、モチベーションが上がりますので
上達するのが、きっと速くなるはずです

選んだ曲によっては、難しいコードばかり使っている可能性があるので
慣れるまでは、コードが簡単な曲が良いですね

まとめ

今回、紹介したコツを意識しながら練習をすれば、きっと上達が速くなります

いろんなコード、押さえ方があるので難しいですよね

このコードチェンジさえ、スムーズにできるようになれば
演奏できる曲の幅も広がりますし、コード譜をパッと見ただけで弾けるようになります

ここまでくればギターの演奏が、すごく楽しくなってくるので
諦めずにギターの練習をがんばってください

なんだかんだ、最終的にものをいうのは練習量です
まとまった時間を作れないのであれば、毎日少しでいいので

ギターに触れる時間を作りましょう

私も応援しますので、わからないことがあれば、なんでも聞いてください

これからも、みなさんのギターが上達するための情報を発信していきます。
少しでも力になれたら幸いです。

最新の記事をお知らせしますのでTwitterフォローお願いします。

それでは、また次の記事で会いましょう。
良いギターライフを送って下さいね~

30日でマスターするギター講座 教本&DVD

コメント