初心者がギターを弾くときに気を付けること3選

ギター

こんにちはぶんぶんです。
今回は知っている人からしたら常識ですが、知らない方もいると思いますので
ギターを弾くときに気を付けたいことを紹介します。

ギターを弾く前に必ずチューニングはしてくださいね。

爪を切る

みなさん爪は伸ばしていますか?
もし左手の爪が伸びている方がいたら今すぐ切りましょう。
右手は指で弾くときには伸ばしていたほうがいいこともあるんですが
左手は絶対に短くしたほうがいいですね。

可能であれば爪の白いところが無くなるくらいまで深く切ったほうがいいです。
人によっては痛いと感じてしまいギターを弾けなくなってしまう可能性があるので
あくまでも無理のしない範囲ですよ。
それで、
なぜ短くするのかというと、
弦を押さえるときに爪が指版に引っかかってしまい、しっかり押さえられないんですね。
しっかり押さえられていないということは、ちゃんと音が出ないんです。

たとえばコードの練習をしていて音が出ないときに
自分が弦を押さえられていないのか、爪が引っかかって押さえられていないのか
正しい判断ができなくなります。
これでは上達するスピードが遅くなってしまいますよね。

初心者のころは爪を切るの忘れたりするので(友人に教えた時がそうでした)
なんか弦が押さえずらかったり音が出なかったりしたら、爪を気にしてみてください。
けっこう重要なことですよ。

指を立てる

コードを弾くときに指を立てること意識していますか?
指が寝ちゃっている人って多いんですよね。

指が寝ていると、となりの弦に指が触れてしまって音が出なくなってしまうんです。
もし知らなかった人がいたら覚えておいてください。
(あえて指を触れて音を出ないように(ミュート)するときもあります)

たしかに、どの指で押さえるか、何フレットを押さえるのか、何弦なのか、
いろいろ考えながらやらないといけないので無理もないと思います。

じゃあどうするのか
コードを押さえた後にちょっと指を立てる意識をしてください。
「あれ、なんか音が出ないな」というときも指を立てる。
最初は意識しないとできないかもしれませんが、
なれてくれば無意識に自然とできますので頑張ってください。

参考までに私の押さえている画像をのせときます。

Cメジャー
Fメジャー
Eメジャー

フレットの近くを押さえる

最後にまたまた弦の押さえるコツですね。
弦を押さえる場所って意識していますか?

実は同じフレットであっても少し押さえる場所が違うだけで
ビミョーに音のピッチがズレたり音がビビったりします。
ビビったりというのは弾いたときにビリビリっていう音がでる事ですね。

じゃあどこを押さえればいいのか?
フレットの近くです。
ちょっと画像を見てください
どちらも4弦の3フレットを押さえています。

これだとダメなんですね。
下はどうでしょうか。

このくらいフレットの近くで弦を押さえられるといいです。
むずかしいコードを押さえるときは無理なときもあるんですが、
基本的にフレットの近くを押さえる、ということを意識してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はギターを弾くときのちょっとしたコツを紹介してみました。

最初は慣れないかもしれないですが、そのうち何も考えなくてもできるようになりますし、
上手な人は自然とやっています。
あせらずに自分のペースで頑張ってください。

最後におさらいです。

  • 爪は可能なかぎり短く切る
  • コードを押さえるときは指を立てる
  • 弦を押さえるときはフレットの近く

これからも、みなさんのギターが上達するための情報を発信していきます。
少しでも力になれたら幸いです。

最新の記事をお知らせしますのでTwitterフォローお願いします。

それでは、また次の記事で会いましょう。
良いギターライフを送って下さいね~

30日でマスターするギター講座 教本&DVD


コメント