これだけは覚えよう!ギターパーツ(エレキギター編)

ギター

こんにちはぶんぶんです。
今回はギターの各部の名前を説明します。
絶対に覚えるべきパーツだけ紹介しますので必ず覚えてくださいね。
ではいってみましょう!

ヘッド

ギターの頭の部分ですね。
だいたいヘッドにブランドロゴがプリントされています。
いろいろ部品もついていますので順番に説明しますね。

ペグ

ペグを回すことにより弦を張ったり緩めたりします。
よく使うのはチューニングをするときですね

ナット

この白いところがナットです。
弦の太さに合わせた溝が切ってあり弦を支え、音を出すための支点となる部分です。
素材や種類が違うのもありますが全部ナットですね

ネック

手でにぎる部分です。
太さや材質により、弾き心地が変わってきます。
私は薄くて少し幅が広いのが好みです。

フレット

金属の棒です。
上から1フレット、2フレット、増えるごとに音程が高くなります。

指板(フィンガーボード)

木の板の部分です。
材質により音が変わったりします。
画像は材質がメイプルなんですけど、ストラトにメイプル指板はかっこよくて好きですね。

ポジションマーク

黒い点です。
装飾されているのもありますね。
名前の通り何フレット目かポジションを確認します。

ボディ

使っている木の材質により音が変化します。
たくさんパーツが付いていますね。
いろんな形がありそのギターの印象を決定づけます。

ピックアップ

ハムバッカー

弦の音を拾うマイクです。
ピックアップから音の信号を拾いアンプまで送られスピーカーから音が出ます。
画像は、ハムバッカーというタイプのピックアップです。
下の画像はシングルコイルです。

シングルコイル

コントロールノブ

ボリュームノブ

音量を変化させるつまみです。
ギターの場合、音量を変えるというよりかは
音色を変えるといった使い方をするほうが多いですね。

トーンノブ

トーンを調整するつまみです。
回すと高音が削られ、音がモコモコします。
ロックは基本全開です。

ピックアップセレクター

さっき説明したピックアップのどこを使うか決めるスイッチです。
上ならフロントピックアップ、下ならリアピックアップ。
カチカチ切り替えて使います。

ブリッジ

弦を固定し、ボディに振動を伝えるパーツです。
いろいろな種類があるので、とりあえず下のほうで弦を固定している
パーツはブリッジと覚えておきましょう。

ジャック

ピックアップで拾った弦の音を出力するパーツです。
ここにシールドを挿してアンプ、エフェクター等につなぎます。

まとめ

まだまだ細かいパーツはありますが、最低限これだけ覚えておけばオッケーです。
あとは練習したりする内にだんだんと覚えていくことでしょう。

知識より技術を身につけたほうがギターの場合幸せになれるかもしれません。

それではまた次の記事で会いましょう。


コメント