【低価格】ギター初心者におすすめの選び方

ギター

こんにちはぶんぶんです。
今回は、これからギターを始める人が絶対に後悔しない
ギターの選び方を紹介します。

私は、20年以上ギターをやっていますので
たくさんの初心者の方を見てきました。
初めてのギターを買うときも一緒に選んでいます。
その経験をもとに話をします。

予算はどれくらい必要なの?

結論から言っちゃいます、1万円~2万円あれば十分です。
「えっ、ホントに?」 「大丈夫なの?」って思いますよね。
大丈夫です、安心してください。
いきなり大金を出す必要はぜんぜんありません。
理由を説明しますね。

初心者の方が練習して弾く分には問題ないレベルで作られていること
初めのころは音の良さだってわかりませんし
安いギターだと上達しない、なんてこともありません。

仮に私が楽器屋の店員だったら、少しでもお金を出してもらいたいので、
「もう少し予算があるなら5万円~6万円のほうがいいですよ」
と言って勧めますけど、なるべく予算は下げたほうが始めやすいですよね 。

もし続けられなかったらなぁ、とか考えていたら悩みます。
悩んでる暇があるなら今すぐ一番安いギターを買って、
さっさと始めたほうが絶対にいいです。

どんな種類のギターがいいの?

絶対にこれがいい!
みたいなこだわりがないかぎり、
基本的にエレキギターをオススメします。
それもストラトタイプですね。
こんなやつです

ストラトキャスター

まず弾きやすいし、軽いので疲れにくい、
ギターの形が体にフィットします。(体型にもよりますが)
練習していると長時間ギターを抱えているので意外と重要です。
カラーも他のタイプよりもかなり多いですし、
だいたいどんなジャンルもできますね。

アコギだと

アコースティックギター

ボディに穴が開いてますので、音が響きます。
練習する時間帯によっては、近隣の方や家族に気を使って
ギターを弾くことができないかもしれません。
エレキギターと比べたら5倍くらい音がでかいですからね。

弦にも種類があって、アコギの弦は、エレキギターよりも太いし固いんです。
なので弦を抑えるのに力も必要なので指先が痛くなるんですよね。
始めたころは、エレキギターでも指先は痛くなりますが、
アコギほどではありません。
もちろん慣れてくれば指にタコができるので
ぜんぜん痛くないですよ。
それでも、せっかく始めたのに指が痛くて練習できないなんて
悲しいですよね。

ギター以外に必要なもの

ピック、ストラップ、以上。
それぞれ説明します。

ピック

ティアドロップ
トライアングル

これを右手で持ち、弦を弾きます。
硬さ、形、素材、いろいろな種類があります。


最初はこれで試してみるといいかもしれません。
近くに楽器屋さんがある人は買いに行くのもいいですね。
形は、ティアドロップかトライアングル。
硬さは、ミディアムで選べば間違いありません。

次にストラップ

ギターを立って弾くときに、これで肩からぶら下げます。
練習するときは座ると思うので必要はないですが、
鏡の前で自分がギターを持っているところをみると
単純にモチベーションが上がります。

たくさんの種類がありますが
ギターの色や服装に合わせて好きなものを
選んで大丈夫です。
個人的に定番なものを紹介します。



これ以外にもアンプ、シールド、ギタークロス、チューナー、
まだまだあります。
最初は無理にそろえる必要もないので、
ギター、ピック、ストラップ
この3点があれば問題ありません。

初心者セットも売っていますが、
アンプ(ギターの音を大きくしてスピーカーから出すもの)
が控えめに言ってゴミなのでやめときましょう。
2万円以上のセットだと少しはマシなんですけど、
それでもギター単体で購入して、ヘッドホンアンプを買ったほうが絶対にいいです。
余裕があればそろえましょう。
今度、別の記事で紹介します。

まとめ

  • 予算は1万~2万
  • エレキギター(ストラトタイプ)を選ぶ
  • ピックとストラップだけそろえる
  • わかったらすぐ買って練習する

バンドをやりたい人、弾き語りをしたい人、趣味でギターをやりたい人、
いろいろな方がいると思います。
ホントに欲しいギターは後でゆっくり探せばいいんです。

あなたのギターを始めたいという気持ちが冷めないうちに
今すぐ手にしてギターの良さ、楽しさを体験してもらいたいんです。
私も1日に10時間以上弾き続けるくらい夢中になった時期も
ありました。
音楽は年齢を飛び越えて人と人をつないでくれます。
何度もそういう体験をしました。
人によっては一生続けられる趣味になるかもしれません。

こんなに素敵なことが待っているギターを
始めることができるので、みなさんもぜひ
早速チャレンジしてみてくださいね。




コメント