初心者必見|あなたの為の「初めてのギター」の選び方

ギター

こんにちはぶんぶんです!
今回は初めてのギター選びということで

『これからギターを始めよう!』
『どんなギターがいいんだろう?


と思っている人へ「後悔しないギターの選び方を」話したいと思います

私はギター歴が20年ありますが、これからギターを始めようって方を何人も見てきました
その経験を踏まえて「ギターを選ぶ時のポイント」を紹介します

ギターの種類

みなさんギターで演奏したい音楽ジャンルはありますか?
もしあるなら自然と購入するギターの種類も決まってきます

ギターは大きく分けて2種類あります

  1. エレキギター
  2. アコースティックギター

ギターを始めたいと思っている方のほとんどが、エレキギターなんじゃないでしょうか
それぞれ特徴を解説しますね

エレキギター

ギターの弦から出る音をピックアップというマイクで拾い、電気信号に変換します
その信号をアンプで増幅しスピーカーから音がでる仕組みです

音色を変えることができるので、いろいろなジャンルの音楽に使用されています

アコースティックギター(アコギ)

ボディの空洞で音を響かせてギターの音を増幅させます
ギターによっては、ピックアップ、マイクが付いているものがあるので
その場合はアンプから音を出すこともできます

一般的にスチールの弦を使用したものを、アコースティックギター(アコギ)と呼びます
ナイロン弦を使用したものをクラシックギター(ガットギター)と呼びます

違いは弦だけでなく、クラシックギターのほうがネックの幅が広く作られていて
伴奏をするというよりも、ソロで演奏しやすい作りになっています


こちらの記事でも詳しく解説しています

どんなギターを選ぶか

ギターの種類が分かったところで
次にみなさんが、どんなギターがいいか?

自分が好きな形、色のギターを選ぶのが一番いいですね
気に入ったギターのほうが練習するモチベーションが上がります

予算も大事ですが、まずは自分好みのギターを探しましょう

ストラトキャスター

みなさん見たことがある形だと思います
ストラト(ストラトキャスター)カッコいいですね、フェンダー(ブランド)を代表するギターです

オールマイティーに使えるギターです
ロック、ポップ等ジャンルを問わず、いろいろなギタリストが弾いています
テクニカルなギタリストがよく使っている印象でしょうか


ピックアップ(弦の音を拾うマイク)の種類がシングルコイルなので
次に紹介する、レスポールなどについているハムバッカーより出力が弱いです

ヘヴィな音を出すのが苦手です(出せなくはないけどテクニックが必要です)
ストラトの形が好きだけどヘヴィな音を出したい人いますよね

その場合ピックアップがハムバッカーになっているタイプを選ぶといいですよ

ピックアップってなに?
フェンダーサイト引用

こんな感じです、これもカッコいいですね



ストラトは、ギターの形も身体にフィットしますし
非常に弾きやすいギターです

私は20歳を過ぎてからストラトをよく弾くようになりましたね

レスポール

ギブソンサイト引用

ストラトとならんで2大ギターひとつ
レスポールですね、ギブソンを代表するギターです

もう見た目だけでロックですよね

レスポールもオールマイティーで
ロック、ポップなど、いろんなジャンルで活躍しています

ハムバッカーというタイプのピックアップが搭載されていて
ノイズに強く、中低域が強調された音が出ます

ヘヴィなサウンドにもばっちりですね

ギター本体の重さが結構あるので、人によっては重くて弾いてるのが疲れちゃうかもしれません
それでもレスポールの太いサウンドはいいですよ

16~18歳くらいまではレスポールをずっと弾いてましたね

セミアコースティックギター(セミアコ)


ストラトやレスポールがソリッドボディ(空洞が無い)に対して
ボディに空洞があるエレキギターです

画像はセミアコ(セミアコースティックギター)で
ボディの真ん中にセンターブロックという木が入っています
フルアコ(フルアコースティックギター)と言って、ボディがすべて空洞のものもあります

フルアコはアコギにピックアップが搭載されている、イメージが近いですね
フルアコの特徴として、甘くて響きのある音が出ます
もっとも使われているのはジャズですね

セミアコは、半分が空洞で半分はソリッドです、中間的なギターですね
レスポールとフルアコがミックスされたような音が出ます

さすがにヘヴィメタルとかはキツイですが
個人的には一番の「万能ギター」ですね

ロック、ポップ、ジャズなんでもいけます
クリーントーンもいいですが軽く歪ませたセミアコの音は最高ですよ

オシャレな音楽とも相性がいいんじゃないでしょうか

低価格のギターが少ないのが難点ですね

変形ギター

画像はそこまで変形じゃないですね、Vシェイプのギターです

ヘヴィメタル、ヴィジュアル系をやるならこのタイプで決まりですね
激しい音楽に、攻撃的な形のギターは似合います

『俺はメタルしかやらねぇぜ』って人は、ぜひ選択肢に入れてください
音も大事ですが、見た目も重要です

変形具合によりますが、普通のスタンドじゃ乗りません
ヘッドから吊り下げるタイプのスタンドが必要です

BC RICHサイト引用
DEENサイト引用

こんな見た目ですから演奏する音楽のジャンルを選びます
たとえば、ポップやブルースは似合わないですよね?

自分のやりたい音楽に合っているのであれば
単純にカッコいいし、ステージや動画でも目立つでしょう

テレキャスター

フェンダーサイト引用

高音域に透明感があり、硬くてジャキっとした音が特徴
ストラトよりも前にフェンダーから出たギターです

アコースティックギター

公園や路上で歌いたい
家でギター片手に歌いたい

弾き語りをしたいならアコギで決まりですね

ちょっと初心者には難しいですが
メロディーと伴奏を同時に弾く「ソロギター」も良いですよ

こんな感じですね
ソロギターは難しいですが、弾き語りは初心者でも簡単に弾けるようになります
ギターを弾いて歌うのは楽しいですよ

バンドでやりたい人も「エレアコ」といって、アンプから音が出せるものがあるので
問題なく演奏することができます

音を変えられないので、ロックのように歪ませた音で演奏したりできません
それだけ注意しましょう

予算は?

どのくらいの予算を出せるのか、というのは人それぞれですが

『続けられるかわからないから安いものがいい』
『最初からしっかりしたものを使いたい』


その人の価値観によって変わってくると思います
そもそも値段の違いはなんなのか

ギターの値段による違い

先に言っておきますが、ギターそのものの構造は一緒なのでどちらも同じように弾くことができます
極端ですが1万のギターと30万のギターを比べたら全然違います

じゃあ高いギターの何がいいのか

  • 音がいい
  • 演奏性がいい
  • 使っている材質もいい
  • 職人が手作りで丁寧に作っている
  • 長年使える
  • 使っている本人が大事にする

などですね
やっぱり、いい音が出ますし弾きやすいです

だけどいきなり何十万もするギターを買うのは予算を超えているかもしれませんし、不安ですよね

私もいきなり高級品は必要ないと思っていて

始めたばかりのころは音の違いってわかりませんし
ギターを続けていると2本目が欲しくなります

その時に、自分の趣味に合ったホントに欲しいギターを選べばいいんです
結構ギターを始めた人で『あっちのギターのほうが良さそうだな』って思う人多いです

好きなアーティストがいて『自分は絶対にあの人と同じギターを弾くんだ』と意気込んでいる人は別ですけどね

結局なにがいいのか?
無理をしないで、自分の出せる予算の範囲で決めるといいです
『ギター高いしもういいや』とあきらめてしまうのが一番もったいないですね


もしくは、あえて高いギターを買って
『何万も出して買ったんだ、自分は絶対に辞めるわけにはいかない!』
という感じで自分にプレッシャーをかけてもいいでしょう

『もう上手く弾けないし、安かったからいいや』ってあきらめてしまう人、結構います

続いて価格帯別に見ていきましょう

1万~3万のギター

今は、この価格帯のギターでもいろいろなモデルのギターが選べるようになりました
ギターを始めるのに一番出しやすい金額ではないでしょうか

メリット

  • お手ごろな価格
  • 初心者セットで販売したりしているため小物とかも一度にそろう

デメリット

  • ギターを長く続けるなら買い替えは必須
  • 安い分「もう弾けないからいいや」とあきらめやすい

初心者セットは個人的にやめたほうがいいですが(付属のアンプとか、あまり使えない)
それでも余計なことを考えなくても一通りそろうので選択肢の一つに入れてもいいと思います

4万~8万

この価格帯が一番おすすめです
ただ、ちょっと高いと思うので余裕がある人でいいと思います
予算が足りない人はワンランク下げても大丈夫なので無理をしないようにしましょう

メリット

  • 作りがしっかりしてくる
  • ギターの選択肢がかなり増える
  • 使い方によっては長く使える

デメリット

  • ちょっと値段が高く感じる
  • 選択肢が増えた分どのギターにするか悩む

エレキギターの場合はアンプも買うことを考えると
プラス2万前後はみておきましょう

10万~

『自分はギターを始めたら一生やるぞ』くらいの意気込みがある人か
お金持ちの人だけにしましょう

というのは冗談ですが
余裕がある人は選択肢に入れてもいいと思います

だけど、ちょっと覚えておいてほしいのが
ホントにいいギターって30万前後します

最初は値段の安いものからギターを始めて
『ギター楽しい!もっといいギターほしい!』って思ってから
お金をためて買えばいいんじゃないでしょうか

ギター選びに迷ったら

私から、いくつかギターを選ぶ時のアドバイスをします
種類がいっぱいあって悩んだら参考にしてください

ギター選びに悩んでる人って2パターンあると考えていて

  • あれもこれもやりたい人
  • 本当にどれ選べばいいかわからない人

自分はこれをやるって決めている人は、ギターもすぐ選べると思うんですね
例えば、『公園で弾き語りがしたい』という人はアコギで決まると思います

あれも、これもやりたい欲張りな人にオススメは
定番で間違いのないストラトかレスポールに選択肢をしぼるといいですね
どちらも万能に使えますから、形が好きなほうでいいでしょう

本当にどれ選べばいいかわからない人にもオススメですね

音の好みもありますけど、結局は好きな形、色って重要なんですね

20年ギターを弾いている私も見た目で選びます
弾いてみて音が良ければ、なおさら良いという感じですね

まとめ

いろいろなギターを紹介しましたが、最終的にギターを選ぶのはみなさん自分自身です
いくら人に勧められても自分が気に入らないとやる気でないですよね


それぞれのギター紹介してきましたが、あるていどそのギターの特徴などがわかったと思います
あとは自分の好きな形、色、演奏したいジャンルの音楽に合わせて決めるだけです

気に入ったギターが見つかり手に入れることができたら
ギターを弾くモチベーションも上がりますよね

みなさんがいいギターに出会えることを願ってます

こちらの記事もあわせて読むと、よりギターのことがわかります

これからも、みなさんのギターが上達するための情報を発信していきます。
少しでも力になれたら幸いです。

最新の記事をお知らせしますのでTwitterフォローお願いします。

それでは、また次の記事で会いましょう。
良いギターライフを送って下さいね~

30日でマスターするギター講座 教本&DVD

コメント